スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論から考えてみる

出してやりました、卒論。ついに、ついに解放された。。大学生活の学問的集大成です。

思えば、中間提出が1番きつかった…。その時苦労したおかげでもう方向性は決まってたし、あとはデータを追加して検証してまとめるだけだったので、そんなに苦も無く終えられた感じ。そのせいで、思ったほどの達成感はないかな。。

ゼミでの発表はまだ残ってるので、そこまでに悔いの残っている部分を詰めて、少しでも妥協した部分をなくしたものにしたいところ。たぶん、それが終わった時に1番の達成感を得られるはず!

で、せっかくなので、卒論に関して考えたことを少し。前も少し書いた気がするけども。



自分が経営専攻ってせいもあって、卒論の原点は「直感」から導かれることが多い。

ある事象をみたときに、今まで学んだ知識を背景にしながら「これってこうなんじゃね?」と仮説を立てて、それを論文のテーマにするイメージ。

実はこのひらめきの瞬間とか、仮説を立てられたときが1番わくわくしてると思う。

でもその仮説を検証し立証するには、「直感」は可能な限り排除して、根拠となるケースやデータを集め、分析して、客観性をもたせないといけない。

この過程で、自分の直感から導いた理論を所々否定して、修正せざるをえなくなる。「これってこうだったら面白い!」と思ってた部分が削られていくイメージ。ここは地道に耐える作業っていう側面が強いと思う。

ただそれをしてこそ、教授の言葉を借りれば「真実を求めることが可能になる」はず。最初につくった理論や仮説という嘘をきっかけとして、真実をみつける感じ。

学部生の自分には、その真実の程度的に大したことは言えてないかもだけど、自分で真実を探るって言う経験はかなり貴重なんじゃないかな、とあらためて思った。

もう少し時間を大事に使って、もっと精魂込めたものにしたかったな、とも思うけど、いい経験でした。発表までに少しは改善したいところ。

「真実かどうかを自ら見分ける眼」を養うきっかけになるというお言葉も頂いたし、この経験を少しでも生かして、「立証された真実なんてそうそうない」くらいの精神で、いろんなことを疑って考えていきたいと思います。



どれかひとつでも押してもらえると喜びます!↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。