スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア市場について

今週水曜日の夕刊にあったと思うけど「新車販売が初の米中逆転」「家電市場、アジアが欧米に並ぶ」というニュース。車だけでなく家電においてもアジアの市場としての存在感がより増してきてる。

これからは中国を始めとしたアジア市場で成功するか否かによって業績が相当変わってきそう。

ただ、中国市場が成熟してきてることからも分かるように、人件費とかは相当上がってきているはず。その影響で生産拠点としての魅力は薄まっているし、それを受けて先進諸国の企業はすでに他の途上国に生産拠点を移している。

もちろん中国市場でどうシェアを伸ばすかは重要事項なのは間違いないけど、新興国市場はこれからもっと動きがあるはずで、より先を考えて企業は戦略を練ってるんだろうなーと思う。

自分みたいな素人は、ニュースなんかを見るときにどうしても中国に注目してしまうけど、どこに工場を新設・移転したとか、どこの市場で製品販売を始めたとか、そういう動きも敏感に反応できるようにありたい。

今までは内需で相当分をカバーしてきた日本だけど、人口がどんどん減少してくることを考えると、いかに外需をとり込んでいくかってことは間違いなく最優先課題。

自分の世代はその変化から逃げ切れそうもないので、英語を鍛えることも含め、そういう環境でもやっていけるようにしないとな、とらしくなく、深刻に思ったりします。



どれかひとつでも押してもらえると喜びます!↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

ボリュームゾーンの欲する製品は、日本が誇る最先端の製品ではないんですよね・・・。
日本のメーカーは、これまでとは違った視点の製品開発を行わなければならないので、
ますます厳しくなりそうですね。ボリュームゾーン市場では韓国に負けていますし。

No title

日本の商品は過剰品質だって言われてますよね…。
韓国企業も強いし、ほんとにこれからが正念場な気がします。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。