スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「組曲虐殺」

「組曲虐殺」:★★☆☆☆(石原さとみがかわいいからおまけしたいけど…)



今日は天王洲にある銀河劇場で「組曲虐殺」を観てきました。

「蟹工船」で有名で最近再注目されている小林多喜二の生涯を描いたもので、

出演は井上芳雄・石原さとみ・山本龍二・山崎一・神野三鈴・高畑淳子。脚本、井上ひさし。演出、栗山民也。音楽、小曽根真。

まず最初に、石原さとみやっぱかわいい。若手女優の中では珍しく上品さがあるほうなんじゃないかなー思う。ドラマ版ウォーターボーイズの時も「鈴木えみよりかわいい」と1人で言い張ってた甲斐あって(?)最近は同意してくれる人も増えてるし、嬉しい限りです。生で見れただけでも、行った価値あり。

そして、山本さん、山崎さん、高畑さん、神野さんはやっぱりうまい。特に神野さんは歌もすごくよくて1番印象に残ってる。高畑さん、山本さんはあーゆーキャラやらせたらすごく似合う。面白いし、かっこいいし、楽しませてもらいました。

井上芳雄はミュージカルだとすごく際立つけど、こうゆう劇だと逆に浮いちゃうかなーと思う。前に劇を観た時も同じ印象を受けたけど、演技にしろ歌にしろミュージカル的な部分が強くて違和感が…。そこがいいところでもあるんだけど、今回は他の出演者が良くてより浮いちゃってる気がするなー。

ま、素人が分かったように言ってるだけなので的を射てないかもだけど笑

ストーリー自体は、前半部分は特に惹きつけられた。演出・演技の良さもあってか、シリアスなところも笑いの部分も素直に楽しめた。ただ、後半部分からは正直好みではなかったです。こうゆう伝記ものの劇を観るたびに思うけど、まとめ方がすごく難しいと思う。毎回、あんまり腑に落ちない。まあもっと前提知識をもっと持って行けって話なんだけどね。

ただ、十分満足したし、いい気付きの機会になったかな、と。小林多喜二の本を読んだことがない自分は、本気で読まないといけないなと思わされた。

とりあえず、蟹工船から読んでみます。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
(1954/06)
小林 多喜二

商品詳細を見る




http://blog.goo.ne.jp/takiji_2008/e/7c053687ec15eedf702cb09b5ca66ab6
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。