スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OEM・ODM

最近、「OEM・ODM」に注目が集まってますねー。

OEM=Original Equipment Manufacturer、ODM=Original Design Manufacturerであり、製造と販売において分業体制をとる際に用いられるようになったビジネス体系のこと。ここら辺に注目して卒論を書いてたりするので、さらっと紹介しときます。

元々、OEM元の企業は主に製造のみを受託するのに対し、ODM元の企業は設計・開発も行った上で製造し、商品をブランドメーカーに供給する、というものだったといわれてる。

ただ、この区別は厳密に定義されたものでなく、実は曖昧に用いられることも多いみたい。OEM契約といっても、受託企業が設計開発を行っていることも多くあるらしいし。

まあその定義の微妙さは置いといても、ODMができるような受託企業は、委託元のブランドメーカーからの技術移転によってその設計開発能力自体は相当高いレベルに鍛えられていて、市場において大きなプレゼンスを誇るようになってる。

このODM元企業は特に台湾メーカーに多くあって、そのシェアは相当大きい。知らない人も多いけど、影の主役なイメージでいいかと。

昨今は、OEM元として始まった企業も、表に出始めている。自転車市場におけるジャイアント、パソコン市場におけるAsusなんかは世界的にも有名。

実は、この有名になっているということが大きな変化だったりする。

元々生産受託企業から始まったものが多い台湾メーカーは、自社ブランド展開において消極的だったけど、昨今のネットブックの台頭もあり、「自社ブランドとしての台湾メーカー」が存在感を増してる。

これは、また新たな転換点が見えてきたといってもいいはず。これから要注目!

ちなみに卒論では、自社ブランド展開の動きはあるものの、自社ブランド展開に失敗する企業も多いことは確かなので、「自社ブランド展開を成功させる条件とは何なのか」ってことを考えてます。書き終わったらまた紹介してみたい。

今日で中間発表が終わって一息つけたけど、恥ずかしい出来にならないようにまた頑張ります。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。