スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

「アヒルと鴨のコインロッカー」:★★★★☆



アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る


伊坂作品の映画化。といっても僕は小説読まずに観ました。こういう「小説が原作の映画」って「原作の良さを出せてない」といわれるのが宿命ではあると思うんですが、レビューを見る限りこの映画は、小説から入った人からも概ね好評といってもいいかもしれない。

個人的にもすごく良くできた作品だと思った。序盤は伏線を張りつつ、淡々と進んでいく。若干の違和感は持つものの、それが何なのかは掴めない。掴ませてくれない。

それが中盤以降、一気にひっくり返ったように物語は急展開。こう繋がるんや!という発見ばっかり。最後は切ないの一言で、胸がいっぱいになる。しばらくその余韻に浸っていたくなる映画だった。

日本人が外国人に抱く感情にもスポットが当たっていて、そのエッセンスも切なさの一因に。考えさせられます。

瑛太はハマり役だと思うし、松田龍平もいい。この2人に加えて、濱田岳、大塚寧々もいい味出してる。ただやっぱ最初の2人がすごくよかった。

自分が映像好きで小説には疎いんだけど、伊坂作品だと「重力ピエロ」の映画もすごくよかった。あれは映画館で観れたからその世界にどっぷり浸れて、幸せだった。この映画も映画館で観たかったなー。ちなみに「陽気なギャングが地球を回す」の映画はぶっ飛んでました。嫌いじゃないけど。

ちょっといい加減、小説にも手を出さないといけないかな。

トラックバック先のブログで素敵なレビューがされてるので、そちらを参考にして頂くとより作品の良さが伝わると思います。



http://every-boday.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-3a7e.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kabulaya/60393372.html
http://blog.livedoor.jp/ymo1191-next/archives/50297630.html
http://blog.goo.ne.jp/gotmoon/e/08003a8f67015334a2746364d40c2a5d
http://econoix.blog63.fc2.com/blog-entry-43.html
http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/2f60023ad43851f518c262b84aed2e12
http://blog.goo.ne.jp/donniedarko/e/472e6d7c40d8fe3938a8b03f11a9e5cf
http://blog.livedoor.jp/sugara/archives/979502.html
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。