スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるなび

食事処を探すとき、今1番使われているのはインターネット。そのインフラを整えるのに大きな役割を担ったであろう「ぐるなび」についてお話を聞くことがあったのでちょっと書きます。

ぐるなびのビジネスモデルは、サイトに飲食店の情報を載せ、フィーを貰うというもの。もちろん、そのサイトを見る人はお金を払う必要はない。ぐるなび側から見れば、顧客は「飲食店」と「閲覧者」との2つが存在することになる。

この「顧客」のどちらを重要視するか、という点でまず問題が生じる。楽天なんかはネガティブな口コミも多く載せる一方、ぐるなびではそこまでは載せてない。これからはネガティブな面も載せる方向のようで、より閲覧者を重視したサイトづくりが進むみたい。

ただ、飲食店をないがしろにしているかというと、決してそうではないとのこと。多い店だと週2回営業が訪問するらしいし。さらに、「ぐるなびプロモーションコミュニティ」という、営業はせず飲食店から話を聞くだけの会社もでき、ぐるなびに対する満足度も高めとのこと。

ここらへんの地道な活動・ケアは間違いなく非凡なものがあると思う。簡単にまねできないレベルのものなはず。今話題の「食べログ」にしても、お店との関係性の深さにおいては現状太刀打ちできない。

こんなことをしつつ、ぐるなびは「レストランのサポーター」と「食のトータルサイト」との両立を目指しているそうで。このコンセプトをはじめ、ぐるなびスピリットなるものや、企業理念、経営理念を社員が共有し、共感し、行動に移せるようになっているらしく、それもまたぐるなびの強さかもなーと感じた。

加えて、ぐるなびはトップの滝会長の影響力が大きい会社だなーとも思う。しかも、その考え方がまた面白い。

ウォーキングミーティングや懸賞制度、ぐるなびシェフフェスティバルなど、すべての人の発想をつぶすことなく育てることを徹底している。ここまで行動に移せる人は少ないと思う。さらに、社会性についても高い意識をもっているようで、それは経営理念にも表れているとのこと。圧巻です。

21世紀の食文化に欠かせないであろう、そして合コンのセッティングに関しても間違いなく必要なぐるなび。これからも有効利用していこうと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター

ランキング参加中
是非ひと押しお願いします!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新News
モラトリアムの終わり
プロフィール

ばてぃ

Author:ばてぃ
来年から社会人デビュー予定の大学4年生。東京在住。残りの大学生活は、旅行と卒論を中心に、飲みつつ読書しつつ勉強しつつ、学び倒し遊び倒すつもりです。
コメント・TB共に歓迎です。相互リンクも募集してるので、してもいいよって方はコメントかメールしてもらえると喜びます。
連絡先はこちら↓
bathi_blogあっとyahoo.co.jp
あっとを@に変えてください。

リンク集
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
メールはここからも送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。